電話回線のさまざま TOP

このサイトについて

サンプルイメージ

電話回線とは、電話機や電話機交換機を諸機能を利用するために接続する伝送路のことです。また、ダイヤル・プッシュという信号送出方法の種類としての呼び名でもあります。有線接続には、主にアナログ回線とデジタル回線があり、アナログ回線は2線式アナログ回線インターフェースが有名です。

2線式アナログ回線は、一般的なアナログの電話機の接続に使われている回線インターフェースです。また、VoIPアダプタのアナログ電話やターミナルアダプタにおいても利用されています。標準規格ごとの性能の差はあまりありませんが、相手の電話番号が受け手の電話機に表示されるナンバーディスプレイや接続コネクタ、またコネクタの結線などは、地域やサービスを提供する電気通信事業者によって変わります。

電話番号の伝達はパルス式とプッシュ式の2種類があり、回線の種類ごとの機器設定をする必要があります。パルス式はDP (ダイヤルパルス)という選択信号を使い、プッシュ式は0から9までの数字、*、#、A、B、C、Dのボタンを用いるDTMFという選択信号を使います。また、VoIPアダプタ、ターミナルアダプタの場合は、プッシュ式のみ対応しているものとパルス式、プッシュ式の両方に対応しているものがあります。

ブログ

おすすめ最新情報

Copyright(C) 電話回線のさまざま All Rights Reserved.